2004年09月01日

レトリバーの受難

昨日の晩、何人の携帯電話にそのメールが回ったのだろう?
 
σ(-_-)は、メールではないが、それぞれ別なグループの知り合い、二人から知った。
ちなみにすんでいる地域も、カナリ離れている。
 
『ゴールデン・レトリバーの里親緊急募集』
ブリーダーの会社が倒産。
30匹の子犬を処分の危機から救ってください。
 
そんな感じのメールだ。
 
簡単に信じてしまう人がいることが恐ろしい。
注意力の足りなさを感じて欲しい。
 
まず、携帯電話のメールに送られてきたことを疑わなくてはならない。
携帯メールと言えば、悪質な迷惑メールの温床となっているのだから。
友達から送られてきたからといって、すぐに信じるのではなく、その友達にまず確認しよう。
その友達も、更に友達から送られてきたのだとしたら、それでまず、信用度を落としてみよう。
 
大事なのは本文の内容だ。
30匹もの子犬を無償で提供する、などということが、ありえるのかどうか考えた方がイイ。
個人の家で無計画に増やしたのならともかく、
ブリーダーの会社と書かれているのである。
それなら、いくつかの同業の会社とのつながりがあるはずで、
その中には商品価値の高い子犬を引き取ってくれるところがあるはずだ。
それに、子犬が30匹もいるということは、その親も複数頭いるはずだ。
 
それから、記載されている連絡先、
携帯のメールアドレスのみ、などという、すぐに変更できるようなものだけというところが疑わしい。
本当に緊急ならば(緊急ではなくとも信用性という点で)、
会社、及び、本人の名前、住所、電話番号(携帯ではない)が記載されているべきである。
HPのURLを載せるという手もあるが、
残念ながら、携帯メールに載せられたURLは、今や信用性が薄い。
 
里親募集を行っているサイトはかなりの迷惑を受けていることだろう。
本当の、里親募集の広告が回ってくることもあるのだ。
(実際、ネイバーブログ内で1ヶ月ほど前に出回り、その後、見つかったという連絡も回った。)
 
信用することは素晴らしいことだ。
だが、不用意に信じてしまうと、ひどい目にあうこともある。
今の時代、信じる者は足元をすくわれるのだ。
posted by ぢょんうるふ at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊張する

14時から面接
志望の動機は何とか書いた。
あとは、メシ食って、シャワー浴びて・・・
(-ω-;)ウーン
テンパってる
posted by ぢょんうるふ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。