2005年06月28日

ラブレターを書こう

室井佑月blogで、『いっしょに本を作ろう!』という企画をやっている。
第一弾の御題は『ラブレター』。
該当記事にTBで募集、その中から選考、出版となるらしい。
応募した作品には、室井さんがコメントをつけてくれ、修正版を再度投稿することも出来る。
投稿ルールや著作権・印税に関することは自分でチェックしてください。
締め切りは8月末日。

ということで、自分も書いてみようかと思う。
これまでにラブレターを書いたことは2度ある。
1度目は小学校6年の時だったと思う。
クラスで仲が良く、グループで一緒に遊んでいた子だ。
なぜ書く気になったのかも、何を書いたのかも覚えていないが、結局そのラブレターは渡さなかった。
が、直接言葉で伝えた。
誰が好きか、と言う話になったときに、かなりドキドキしながら、勢いで伝えたのだが、お互いにこっ恥ずかしそうな笑いを浮かべ、冗談みたいな感じになっただけだった。
当時の小学生の恋愛なんてそんなもんだ。
その子はその後、女優になった。
偶然にもテレビで見かけたときには驚いた。
月9にチョイ役で出たり、自分は見てないが『戦隊もの』のレギュラーもやってたらしい。
今は活動していないようなので、結婚でもしたかなぁ・・・?

2度目は、大学生の時。
学外の友達と曲作りの真似事なぞをしていたときに、同じクラスの子に詞の感想を聞いていた。
今思えば、お寒いアプローチの仕方だw
その流れで、ある日、ラブレターを書いた。
そして、いつもはルーズリーフに書いたものをその場で読んでもらって感想を聞くのだが、そのときは、便箋に書き封筒に入れ、『帰ってから読んで』と言って渡したのだ。
しかし、普通に書いたのではどうにも恥ずかしい。
これからもクラスで顔をあわせるのだし、生来のオチャラケ体質が普通であることを許さなかった。
そこで、1枚目には普通にラブレターを書いた。
そして、2枚目の文頭、『・・・なんて言われたら、どうする?』
仮定の話にしてしまったのだ・・・。
エエ、成功しましたよ。
彼女をドキドキさせることはできたし、学校にいる間は友達関係も続いた。
しばらくして、自分は退学し、その後、一度だけ手紙を交わした。
今頃はイイ奥さんになっていることでしょう。

まぁ、この2つは、『初めての告白』のラブレターということだ。
ラブレターの種類はこれだけじゃない。
遠距離恋愛の相手と交わす手紙もあるだろうし、室井さんが例としてあげたのは彼女の子供に向けたものだ。
また、投稿されたものの中には、人間以外に宛てたものもある。
自分がこよなく愛する対象に宛てた手紙がラブレターだ。

さて、締め切りまで約2ヶ月。
ゆっくり策を練ろう。
しかし、考えすぎてもいけない。
ラブレターは勢いだ。

posted by ぢょんうるふ at 10:04| Comment(28) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

実写版

こないだテレビでやった『海猿』を見た。
原作を読んでないんだけど、主人公は伊藤英明でエエのん?

以前ドラマ化された『め組の大吾』に山田孝之というのは、正直、違うと思った。
連載当時なら、TOKIOの松岡がイイと思ってたんだけどねぇ。

一番実写化して欲しいのは『BANANA FISH』なんだけど、
リバー・フェニックスはもう居ないしなぁ。

あと、実写化して欲しいのは『サイボーグ009』。
主人公の島村ジョーはあの人・・・国際弁護士・湯浅卓
posted by ぢょんうるふ at 15:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

リスタート

メロが変な言葉を覚えたら困るので、続けて投稿。
だったら困るような記事を書くなという話だが・・・ホットケw

某・占いで今年前半まで運気は最悪と書かれていた。
心酔していたわけではないが、心当たりもあり、行動を慎重にしていた。
というか慎重にしすぎて、ほとんど動けなかった。
今年もそろそろ半分。
ということで、そろそろ動く。
かなりのマイナスからのスタートだが、原因は自分だから仕方が無い。

やりたい事、やれる事、やらなければならない事を整理しよう。

posted by ぢょんうるふ at 07:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死して屍拾う者無し

朝っぱらからヘヴィな話。

集団自殺した奴らの車に、
『自分の意志で逝きます』と書かれた紙があったらしい。
おかしなことだ。
独りで死ねないから仲間を募ったのだろう?
誰かの力を借りて、誰かを道連れにして、行動に移す言い訳を誰かに依存して・・・
『自分の意思だ』なんて言わないで欲しいな。

『独りで死ぬ勇気』・・・勇気って言う言葉を使うな。
生きている人間に失礼だ。
勇気とは生きるための行動にこそ使われるべき言葉だ。
自殺するのは勇気ではなく、狂気だ。
自殺を考えても、生きぬく人間が持つのが勇気だ。

なんか考えるのもバカ臭いな。
死ぬなら勝手に死ね。
ただし、誰にも迷惑をかけない方法で。
そんな方法はまず無いけどな。
あんたがロビンソン・クルーソーだって言うなら別だが。

posted by ぢょんうるふ at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

携帯投稿テスト

image/johnwolf-2005-06-23T06:18:34-1.jpgテスト

---------------------------
メール投稿しても、すぐに反映されないっぽ・・・
携帯からはすぐ見れるのに、PCはタイムラグあるって意味無いワナ
posted by ぢょんうるふ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | moblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の話

数年前、18年間飼っていた猫が死んだ。
『猫は家につく』などといわれるが、両親、自分、弟、という家族の中で明らかに俺についていた。
朝は起こしに来るし、
夜は23時を過ぎると『寝るよぉ』というような鳴き声をしながら、
2階の俺の部屋に上がって来ていた。
しかし、寄る年波には勝てず、
いつからか、歩くことも、自ら食することも不自由になり、
いつ逝ってもおかしくなかった。

そして、冬のある日、
ペンキ屋だった俺はその日も外で仕事をしていると、昼過ぎに携帯が鳴った。
猫が死んだ、という知らせだった。
ショックを感じながら仕事をし、15時の小休憩の時間になった。
そして、仕事の車のそばで休んでいると、駐車場の入り口から猫が一匹やってきた。
猫というのは、野良猫だろうと飼い猫だろうと、あまり他人には容易に近づかない。
しかし、その猫は、俺が近づいても逃げず、抱き上げようとすると自分から身を寄せてきた。
その30分弱、ずっと俺の腕の中にいた。
少し気が休まったので、
『ありがとう』といって放すと、何処かへ行ってしまった。
次の日も、その現場に行ったが、昨日の猫は現れなかった。
きっと、近くの猫が慰めに来てくれたのか、
うちの猫が体を借りて、別れの挨拶に来たのかもしれないと思った。

それから2週間ほどたった日の夜、
眠っていた俺はふと目が覚めた時、足元に猫が歩く感触を感じた。
『あ、来てくれたんだ』と瞬間に思った。
その感触がこちら(顔の方)に向かってくる気配がしたので、
いつもそうしていたように、右腕側の布団を左手で持ち上げた。
うちの猫は、いつも俺の右腕を枕にして寝ていたのだが、腕を横に出さないと入ってこなかった。
そこで、そのときもわざと右腕を横に出さないで、布団をめくってみた。
気配は動かなかった。
そして、俺は右腕を横に出した。
すると、その気配は布団の中に入ってきて、すうっと消えていった。

posted by ぢょんうるふ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

ダンス映画

まとめて紹介するのもどうかと思うが、理由がある。
いろんな話があるように思えるが(本当はいろいろあるが)、実のところ、似た様なストーリーだったりするのだ。
たいていの場合、短期間でダンスをマスターする、あるいは誰かにマスターさせる、それだけだ。
そこにいろんな飾りをつけてあるだけで、共通点は『短期間でマスター』。
ということで3本紹介。

フットルース
まずは、フットルース
初めて見たダンス映画はこれだと思う。
『都会から田舎に引っ越してきた高校生。町はダンスもロックも酒も禁止で、おまけに恋をした女の子の父親はダンス禁止令を出した張本人。原因は、彼女の兄の死。どうにか町を元に戻したい彼は・・・。』
ここに出てくるのが、リズム音痴の同級生だ。
主人公は、いろんな計画を立てながら、その同級生にダンスを叩き込むわけだ。
主人公には、最近めっきり悪役のケビン・ベーコン。
そして、この作品の魅力は使われた音楽にある。サントラは、かなりオススメ。

Stepping Out
次は、ステッピングアウト
一応リンクはしたが、DVDは出ていないし、ビデオも手に入り難そうなので、レンタルしてください。
『スターになることを半ば諦め、ダンス教師として働く女。自分勝手な男と別れ、町のイベントで大手のダンスチームを打ち負かすべく、素人集団に悪戦苦闘する。』
教室に来るクセのある素人相手に、腐ってもプロというプライドが邪魔したりする。
主演は、ライザ・ミネリ。
この作品を紹介する理由は、ライザが可愛い。それだけだ。
ミュージカルのような舞台のダンスを扱った作品なので、見る人によっては退屈かもしれん。

ダンシング・ヒーロー
そして3つ目が、ダンシング・ヒーロー
『社交ダンス大会で、オリジナルのステップを披露したが、協会からは罵られ、パートナーからはお払い箱、母親は喚き立てる。そしてある日、ダンス教室でも影の薄い女とパートナーを組むことになる。』
これは、彼女の父親によって主人公がダンス(パソドブレ)を叩き込まれる。
パートナーの彼女の変身ぶりも見もの。
「普段は厄介者のお父さんが実は・・・」というお約束もある。
主演は、ポール・マーキュリオ。
監督は、『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。

とりあえず、音楽ジャンルの違う3種類を紹介した。
他には、フラッシュダンスダーティ・ダンシングタップホワイトナイツ 白夜タップ・ドッグスリトル・ダンサー
『短期マスターもの』ばかりではないが、それぞれ面白い。
posted by ぢょんうるふ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | cinemaレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

眞鍋さんが、とっても素敵な靴下を穿いているのを見て、

以前、某所で描いた似顔絵を思い出した。

ってか、この人の名前聞くの久しぶりだね。どうでもいいけどw


んで、その似顔絵



ペー1


ついでに、輪郭と髪型を加えたのが



ペー2


上の絵のほうが似ていると思うのだが、一部から不評だったw


元記事『眞鍋かをりのここだけの話


−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記
同じ記事のTB見たら、半分以上関係ないんだよな。
間違ってダブったのは仕方ないとして、宣伝目的のTBは論外だろ。
アクセス数の多いところは仕方ない、なんて簡単に言いたくない。
アレだけの数があると、一個一個アク禁にするような面倒くさいことは誰もしない。
それより、TBを全面禁止にする方がさっぱりする。
でも、それだとリアクションが取れなくなり、更新意欲もわかなくなって、潰れる。
まぁ、多少の面倒はどこに行ってもあるもんだワナ。
posted by ぢょんうるふ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキドキ

今朝、夢の中で・・・、
何処かの大きな建物のそばにいた。
宗教団体の教会のようだ。
その横の路地にいたのだが、教会の路地を挟んだ向かいには大きなマンションがあり、
上の方から大きな声が聞こえる。
自分の近くにいた人が見上げながら何事か叫んでいる。
そして自分がその方向を見上げると、一人が窓から体を乗り出しながら叫び、
他の二人がそれを抑えようとしていた。
と、乗り出していた男が落ちるのがわかった。
位置的に自分の上に落ちてくるはずは無いのだが、そのとき自分はそこに落ちてくるような気がした。
そして、その場を飛びのこうとした。
瞬間、目が覚めた。
しかし、飛びのこうとする意識が残っていたらしく、体がベッドから飛び起き、そばにあったテーブルに膝をぶつけた。
心臓の鼓動が、全力疾走でもしたかのように早く打っている。
しばらく横になっていたが、鼓動はいつもより早いまま、通常に戻らない。
呼吸も少し息苦しい。
一瞬の爆発的な力の後遺症か。
このまま同じ夢を見たらどうなることか・・・

posted by ぢょんうるふ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

ア〜マ〜ゾォ〜ン!!

あいかわらず人の出入りの少ない我がブログ(´ー`)┌
まぁ、ランキングサイトに登録してるわけでもなく、知り合いに触れ回ってるわけでもないので、仕方ないが・・・。
某所でレビューができるようになったこともあり、こちらにも書こうと思い・・・というか某所はほぼ放置にすることにしたので・・・、Amazon.co.jpのリンクを貼ることにした。
サイドバーにも商品のリンクをしようと思ったのだが、タイトルが文字化けしたり、その他のテキストが、幅の余裕があるにもかかわらず省略されたりと、なんとも見栄えのよくない状態になったので、とりあえずサーチボックスだけにした。
ネタの無いときゃレビューでも書いとけ、ってところだな。(ノ∀`)
まぁ、読む人がいなけりゃ、寂しいものだが、
自己満足ですから・・・。

posted by ぢょんうるふ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

吸血鬼を単なるオカルトじゃなく、ドラマとして描いた映画はこれが最初だったのかな?
この映画を見てしばらくしてから、原作『夜明けのヴァンパイア』の続編『ヴァンパイア・レスタト』を読んだ。
その訳者あとがきによると、原作者のアン・ライスは、レスタト役がトム・クルーズだと聞いて、イメージに合わないと思っていたようだ。
なるほど、当時のトム・クルーズは、「白い歯をこぼす笑みで女性を魅了するアメリカのオニイチャン」だった。
その彼が、痩身美麗なレスタトを演じることに疑問を感じても不思議はない。
だが、いざ公開されてみると、その髪は長く金色に染められ、頬や手からは余計な肉が削げ落ち、レスタトの線の細さを見事に体現し、原作者も前言を撤回した。
『ヴァンパイア』と聞いて尻込みする人もいるかもしれないが、最近の日本のホラーに比べたら、精神的ダメージは少ないと思う。
また、ブラッド・ピット、クリスチャン・スレーター、アントニオ・バンデラス、そして子役として幼き日のキルスティン・ダンストという共演陣だけでも、この映画に見る価値を与える。

続編としてクイーン・オブ・ザ・ヴァンパイアがあるが、原作を読んだ自分としては、多少の期待外れを感じたのは否めない。

posted by ぢょんうるふ at 17:05| Comment(4) | cinemaレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

パスタ

『パスタ食べたい』って言うな。
キミが食べたいのはおそらくスパゲティだ。
イタリアのリストランテで、『パスタください』なんて言ったら、
茹でられてないスパゲティやらマカロニやらが出てくるぞ。(いや知らんけど)
pastaってのは、小麦の加工食品の総称だ。
だから、スパゲティもマカロニもフィットチーネもペンネもラザニアも、
ぜ〜んぶパスタだ。
もっと言えば、ケーキもパスタだ。(マジで)
更に言えば、ギョーザもシュウマイもワンタンもパスタだ。
だから、せめて、
『パスタ料理が食べたい』と言ってください。

posted by ぢょんうるふ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

意味不明

『非科学的』ってどういう意味だろう?
科学者と言われる人たちなどが、自分たちに理解できない時に使う、
都合のイイ言葉だ。
今の科学で証明できないからという理由で、
『非科学的だ』といっているなら、とんでもないことだ。
将来、解明されないという保証はない。
目に見えないから、と言うのも理由にはならない。
今の科学では、目に見えないものをたくさん扱っている。
電波とか、音とか。
科学者は、わからないことがあるから研究するのでしょう?
何でもかんでも、すぐに答えがわかるのだったら科学者なんて要らない。

一番、信用ならんのは、
『宇宙人は居ない』って言う奴だな。
UFOといわれる物が宇宙人の乗り物であるかどうかは別として、
この広い宇宙に、生命の存在する星が地球だけなはずがない。
地球上の生命をすべて把握してるわけでもないし、
まして、我々人間のこともわかっていないのだから。

物事を斜めから見るのは大事だが、
不思議なことを否定的な目でしか見れないのは、
悲しいじゃない?

posted by ぢょんうるふ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元・ペンキ屋(半人前)

喫煙者のいる家は、特に、天井も拭いた方がイイよ。
吹き付けしてあるのはアカンが、
クロスやボードを貼ってある天井は、中性洗剤などであまり力をいれずにゴシゴシと。
染みこんでしまって、元の色には戻らないかもしれんが・・・
賃貸の補修工事に行くと、
天井がヤニで黄色くなってるのがけっこう目立つ。
引っ越す時の不動産屋の印象もその辺見て決まるかもねぇ。
ふちに付いているプラスチックを拭いてみれば、
どれだけ汚れてるかわかるかも( ̄m ̄* )ムフッ♪
( ´△`)アァ-、梅雨の季節で湿気てるなら、
拭き掃除で余計に水分吸ってカビるかも・・・(゚∀゚)アヒャ
posted by ぢょんうるふ at 18:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

あいのうた その8

夜空の星を眺めながら
キミに思いを巡らせる
今、キミは何処で何をしてるんだろう?
キミも、この星空を見ているんだろうか?
キミも、ボクのことを思ってるんだろうか?
ボクは、ヤキモチ焼きだから、
嫌なことは考えない
キミのことが好きだから、
楽しいことしか考えない
posted by ぢょんうるふ at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | あいのうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこ見てんのよぉ!!

韓国ドラマのヒロインで青木さやかソックリな人がいた。

―――――――――――――――――――
可愛くないブログペットを消して、
メロに替えた。
また重くなった(ノ∀`)
posted by ぢょんうるふ at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

|壁|ヽ(*´ー`)ゞ ァィャー

しばらく放っておいたら、↑のタイトル画像が二重になってた。
何とか直せたが、
せっかく覚えたスタイルシートのイジり方・・・忘れたorz

放浪癖・・・何とかならんかな(ノ∀`)
posted by ぢょんうるふ at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。