2005年06月19日

ア〜マ〜ゾォ〜ン!!

あいかわらず人の出入りの少ない我がブログ(´ー`)┌
まぁ、ランキングサイトに登録してるわけでもなく、知り合いに触れ回ってるわけでもないので、仕方ないが・・・。
某所でレビューができるようになったこともあり、こちらにも書こうと思い・・・というか某所はほぼ放置にすることにしたので・・・、Amazon.co.jpのリンクを貼ることにした。
サイドバーにも商品のリンクをしようと思ったのだが、タイトルが文字化けしたり、その他のテキストが、幅の余裕があるにもかかわらず省略されたりと、なんとも見栄えのよくない状態になったので、とりあえずサーチボックスだけにした。
ネタの無いときゃレビューでも書いとけ、ってところだな。(ノ∀`)
まぁ、読む人がいなけりゃ、寂しいものだが、
自己満足ですから・・・。

posted by ぢょんうるふ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

吸血鬼を単なるオカルトじゃなく、ドラマとして描いた映画はこれが最初だったのかな?
この映画を見てしばらくしてから、原作『夜明けのヴァンパイア』の続編『ヴァンパイア・レスタト』を読んだ。
その訳者あとがきによると、原作者のアン・ライスは、レスタト役がトム・クルーズだと聞いて、イメージに合わないと思っていたようだ。
なるほど、当時のトム・クルーズは、「白い歯をこぼす笑みで女性を魅了するアメリカのオニイチャン」だった。
その彼が、痩身美麗なレスタトを演じることに疑問を感じても不思議はない。
だが、いざ公開されてみると、その髪は長く金色に染められ、頬や手からは余計な肉が削げ落ち、レスタトの線の細さを見事に体現し、原作者も前言を撤回した。
『ヴァンパイア』と聞いて尻込みする人もいるかもしれないが、最近の日本のホラーに比べたら、精神的ダメージは少ないと思う。
また、ブラッド・ピット、クリスチャン・スレーター、アントニオ・バンデラス、そして子役として幼き日のキルスティン・ダンストという共演陣だけでも、この映画に見る価値を与える。

続編としてクイーン・オブ・ザ・ヴァンパイアがあるが、原作を読んだ自分としては、多少の期待外れを感じたのは否めない。

posted by ぢょんうるふ at 17:05| Comment(4) | cinemaレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。