2005年06月25日

死して屍拾う者無し

朝っぱらからヘヴィな話。

集団自殺した奴らの車に、
『自分の意志で逝きます』と書かれた紙があったらしい。
おかしなことだ。
独りで死ねないから仲間を募ったのだろう?
誰かの力を借りて、誰かを道連れにして、行動に移す言い訳を誰かに依存して・・・
『自分の意思だ』なんて言わないで欲しいな。

『独りで死ぬ勇気』・・・勇気って言う言葉を使うな。
生きている人間に失礼だ。
勇気とは生きるための行動にこそ使われるべき言葉だ。
自殺するのは勇気ではなく、狂気だ。
自殺を考えても、生きぬく人間が持つのが勇気だ。

なんか考えるのもバカ臭いな。
死ぬなら勝手に死ね。
ただし、誰にも迷惑をかけない方法で。
そんな方法はまず無いけどな。
あんたがロビンソン・クルーソーだって言うなら別だが。

posted by ぢょんうるふ at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うむ。 それは同感。 死んで困るのは、残された者で、後片付けとか、家族の悲しみを考えると、本当に無責任。しかし、集団で自殺したくなるような世相ってのも悲しいものがあるな。
Posted by Kumi at 2005年06月27日 12:23
家で死ねば価値が下がるし、
車で死ねばスクラップだし、
電車に飛び込めば、1分10万の賠償金。
問題の解決から逃げた上に、更に増やしてる。
呆れます。
Posted by JW at 2005年06月27日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。