2004年08月11日

ニュース見てて思うこと

事件が起こった時、
新聞やテレビのニュースやワイドショーでその詳細を伝えているが、
本当に必要なのか?



殺人・強盗
細かいディテールを説明する必要がどこにあるのだろう?
こんな犯罪起きて欲しくないと言いながら、手口を世に広めている。
異常犯罪が連続して起こり、更にエスカレートしていくのは、報道に責任が無いとは言えない。
スイッチのゆるんだ人間にやり方を教えているようなものだ。

詐欺
これは必要あると思う。
世に知られることによって、その手口はエスカレートしていくが、
予防の為には必要であると思う。
というか、日本人は詐欺に対する意識が低い。
最近の『架空請求』や『オレオレ詐欺』、あらゆるメディアや町内の回覧板にまで書かれているのに、
未だに引っかかる人がいる。

チョット謎なのが、いろんな事件の容疑者の名前が必要もないのに晒されるが、
教員が事件を起こした時に、その名前や顔が晒されない時があるのは何故だろう?
posted by ぢょんうるふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/509675

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。