2004年09月07日

オタクの子ども、間違ってませんか?

NHKで、最近の子どもについての特集の再放送をやっていた。
その最後に、視聴者の子供からのFAXが読まれたのだが、
ちょっとショックだった。
 
『犯罪の低年齢化を叫ぶ前に、どうしたら、殺したいという感情が芽生えなくなるのか教えて欲しい』
 
何かおかしくないか?
この子は、戦闘地域でゲリラに育てられた子どもなのか?
いや、現代の日本で生まれ、日本で育てられてきた子どもだ。
そんな平和ボケと言われてきた日本人の子どもに、
どうして、人を殺したい感情が芽生えるのだろう?
 
親は自分の子供をちゃんと見ているのか?
教師は教科書と黒板以外を見ていますか?
 
教師と言えば、アレだ。
大学出てそのまま教師になったような、社会を知らない教師に、
社会の厳しさは教えられない。
学校しか知らない教師に、社会の仕組みは教えられない。
posted by ぢょんうるふ at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 想ひ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平和ボケしてる今の教育の有り様のせいでは? 知識だけ詰め込まれて情緒的な事は何も与えられないから。勉強さえできれば幸せ的風潮が、親にも学校にもあるから。そんな事言う子の親も、子供の人格よりも通知表とテストの成績のほうを良く見てる。きっと。

教師と言えば、佐世保の事件の担任は いろんな意味で馬鹿者だ。校長もその地区の教育委員も考え無しだったしな
Posted by くま at 2004年09月14日 15:16
いらっさい
日本の悪い慣習、体裁w
Posted by JW at 2004年09月17日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/555632

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。