2004年08月04日

ユメウツツ

うたたねに 恋しき人を 見てしより 夢てふものは 頼み初めてき
小野小町(古今集)

『うたた寝にあの人の姿を見てからは、夢を見るたびにあの人が現れてくれるのを願ってしまう』


見たい夢が見れたらいいのにって思うけど、
もし、そんなことができたら、そこで満足してしまって、
現実を生きれない人が増えてしまうよ。
思い通りに行かないから夢なんだ。
posted by ぢょんうるふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コトノハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月01日

オモヒ ヲ ハセテ

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな
赤染衛門

『あなたが来るって言ったから、寝ないで待ってたのに・・・。
結局、夜が明けて月が傾くのを見てしまったわ』


待ってるのも楽しかったりするんだけどね。
あまり遅いと心配してしまうけど。
でも、現在のように、すぐに携帯鳴らされるのは疲れるよ。
携帯の無かった頃は、時間の無駄使いの仕方があった気がする。
携帯が普及してから、都会の時間の流れはますます速くなった。
心の余裕も、いろんな意味で狭くなってきてるなぁ。
posted by ぢょんうるふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コトノハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

イノチ アレバコソ

君がため 惜しからざりし 命さえ 長くもがなと 思ひけるかな
藤原義孝(百人一首)

『君の為なら死ねる、なんて思ってたけど、
君がそばにいてくれる幸せを、できるだけ長く感じていたいと思うようになったんだ』


幸せにできる自信なんて、これっぽっちもありませんよ。
でも、ボクにとってはキミが居てくれることが幸せなんです。
自分勝手な言い分かもしれないけど、これがホンネですよ。
その昔、大好きな女性に宛てた手紙に書いたことがあったりする( -_-)フッ


『絶対幸せにするから』と言って
『じゃあ、消えて』と言われたら、凹むどころじゃありませんね(ノ∀`)

まぁ、この世に『絶対』は存在しませんよ
posted by ぢょんうるふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コトノハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

ユメマボロシ

『思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』
小野小町(古今集)

「あの人のことを思いながらうとうとしていると、あの人の姿が現れた。
夢だと分かっていたら目を覚まさなかったのに」


とは言え、知らない男と歩いてる夢は凹みますよ_| ̄|●
posted by ぢょんうるふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コトノハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。